Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

Categories

2016年8月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Tags

転職して1年半で知るインサイダーになることのむずかしさ

転職して1年半ですが、最近、インサイダーになることのむずかしさと重要さについて痛感します。職場では当たり前のことであっても、私には理解できないことが多いです。
たとえば、小さなことですが、座席やグループ編成の変更についても、マネージャーの私には一切の事前相談がありません。一部のマネージャーとボスが勝手に決めています。なぜ、同じマネージャーの一部だけが関われるのか。なぜ、「利害関係者」である私には、相談がないのか。ほかのマネージャーの方々も、疑問に思っているようですが、私ほど思っているわけではなさそうです。大したことがないことと言われればそれまでですが、どこかしらしっくりこない話です。
おそらくそれは、その方が長く現在の職場でマネージャーをされているから、ある種の「インサイダー」となって、ある種の権力をもっていることになるのでしょう。何がどう決められているのか、「見える化」がされていない職場にいることは、とてもストレスがかかります。これは、私が、「インサイダー」になれていないことの証左なのでしょう。
どうやったら、「インサイダー」になれるのか、時間が解決するのか、何が自分に足りないのか、自問自答をしてしまいます。この職場では、「以前の経緯」や「他部門との調整」に確かに重点が置かれます。その場合、おそらく過去の経験を有することは非常に重要であるように思います。長い時間、同じ部署にいることは、インサイダーの資格なのかもしれません。
一方で、自分たちの「常識」が、世間から見たら「非常識」であることに気が付いていない部分もあるように思います。ある種の自己否定を伴う以上、自分を客観的に見つめることは、個人としても難しく、組織になると、もっと難しいものなのかもしれません。
インサイダーになれない自分に焦るとともに、インサイダーになることで組織に染まることに反発している自分もいます。今後、どのように、職場の「文化」や「風土」と向き合ったらいいのか、今、とても悩んでいます。

話は変わりますが、私の彼氏に最近借金があることが発覚!!3年くらい付き合っているのに全く知りませんでした。借金の額も消費者金融数社から借入をしているようで100万までとはいかないらしいのですが、それに近い額の借金があるようです。

少し結婚も考えていたので貯金もなくて借金だけがあるとか結婚なんてこんな状態でできるわけがないとショックを受けています。

彼氏には今自分がどれだけの借金があるのかを把握させるために借入をするところを一か所にまとめることを勧めました。

消費者金融だと金利も高いのでゆうちょ銀行でおまとめローンっていうのがあるからそこでまとめたらどうかと提案。

ゆうちょ銀行おまとめローン

こんなにお金にルーズな人だとは思っていなくて、デート代も彼氏が出してくれていたりしたのですが、ただの見栄だけで裏では借金しながらだったと思うと悲しいですね。とにかく彼氏には借金を一日でも早く完済することをお願いしました。

すぐに別れようとかそんなことは思っていませんが、これから返済していく態度とかによって考えていきたいと思っています。

 

看護師に復帰

結婚して子供もすんなり生まれたので、7年間働いていた看護師の仕事も一度退職することにしました。子供を産むのも初めてなので、いろいろ不安ですし、産休を取ったとしても必ず復帰できるとは限らないような気がしたので、この際1度やめておいたほうがいいかなと思ったのです。

看護師の場合、求人もたくさんあってまた復帰するのにも困らないですからね。

それにしても子育てって思っているようにはうまく事が進みませんね。自分が思っているような行動はもちろんしてくれませんし、はじめのうちは何が言いたいのか全く分からなくて苦労しました。

そんな子供も1歳になりましたし、私も子育てにかなり慣れてきたので、そろそろ看護師という仕事に復帰してもいいかなーと思えてきました。

もしかしたら復帰することはないかなと思っていたのですが、何となく仕事が恋しく最近思えるようになってきたのです。看護師の仕事ってすごく感謝される仕事だからやりがいがあるんですよねー。

まあ、まだ復帰といってもすぐに子供のことで何かあるかもしれないのでアルバイトから始めようかなとも思っています。こちらのサイトにもいろいろ書いてましたし。→看護師アルバイト
アルバイトならば気軽に復帰することができてよさそうですよね(‘ω’)ノ

白内障の治し方。

私の母は今年で60歳の還暦を迎えます。

最近母が運転をするのが怖いと言います。

その原因は目がかすんで見えにくいっていう症状が現れているからだそうです。

眼下に行くと白内障だと言われたそうで・・

母は、ドライブが好きで休みの日にはよく少し遠出をしてドライブを楽しんでいます。

私が小さい頃もよくドライブに連れて行ってくれた記憶がありますね☆

グズッたりすると「車でお出掛けしようか」って言っていろんなところに連れていってくれました(^^)v

そんな母の大好きなドライブが最近怖くてできないっていって落ち込んでいました。

白内障ってそのままにしておくとどんどん視力が落ちていくことを知り、どうやって治したらいいのか調べると手術をしなければ治らないくらいまで母の症状は進んでいました。

私は母に手術を勧め、これから定年後の第二の人生を楽しく幸せなものにしてほしいと伝えました。

最初は怖がっていたのですが、白内障の手術の名医がいるところを知ったのでそこなら安心なんじゃない??ってネットで見せて納得してもらいました。

まだまだ孫の成長もみていて欲しいし、子供からしても元気で明るいおばあちゃんでいてほしいですからね。

不安もあると思うけどサポートをしっかりして、無事に手術が終わることを祈っています。

看護師の夜勤アルバイト

今私は看護師として正社員で働いているのですが、今の職場で人間関係がちょっとうまく言っていないので転職することを決意しました。

あと、今まで看護師としてずっと働いてきて、自分の時間というのをあまりとることが出来ていなかったので、正社員ではなく夜勤のアルバイトとして働こうと考えています。夜勤ですと給料もいいですので、それなりの給料になると思いますからね。

夜勤で働いていると、昼間はある程度自由な時間が多いので、いろいろと今まで行きたくても行けなかったところなんかに行ってみようと思っているのです。

夜勤アルバイトの探し方として参考になるサイトはこちらです→夜勤看護師アルバイト

このサイトに掲載しているように、看護師転職専門サイトに登録してみると、かなり夜勤の看護師アルバイトがあることが分かりました。やはり、どこの病院も看護師不足の状態なんでしょうね。

特に夜勤で働いてほしいという病院が多いようでした。なので、かなり条件的にもいい夜勤のアルバイトが見つかったのでよかったです。

もっと時間の規則的な仕事に思い切って転職しようとも考えたのですが、看護師はスッゴクやりがいのある仕事なので、人生を通して看護師として働きたいと思っています。

看護師の姉

私の姉は3年前まで大学病院で看護師として働いていました。

母親も看護師だったと言う事もあり、小さい頃から看護師に憧れていて、頑張って看護師になったんですよね。
(ちなみに私も目指していたんですが、途中で挫折しちゃいました。。。)

そんな姉も、3年前に出産する事になり、それを機に看護師の仕事を辞め専業主婦になっていたんです。しかし、今年旦那と離婚する事になって、生活の為、再度看護師として働きに出る事になったんです。

以前働いていた大学病院は求人募集がなかったみたいで、今はどこか働き先が無いか探している段階みたいです。

どこか条件の良さそうな働き口が見つかればいいんですけどね。